バックナンバー

教育の良い情報

コミュニケーションの教育

青年期において、コミュニケーションの教育は将来大人になって仕事についたり、いろいろな人と関わって行く中でとても大切なことです。しかし、青年期は大人へと変わって行く時期であり、非常に難しい時期です。しかし、この時にたくさんの人と出会って、いろいろな考えを持っていたり、自分とは違う生き方をしている人と話をしたりすることで、自分が人と関わるうえでどれくらいの距離感があっているのかなど将来社会に出て世界が広がっても困らないよう経験を積む必要が有ります。青年期なのでいろいろな不安などがあり、人とコミュニケーションを取りづらいというひとも中にはいるでしょう。しかし、無理をして人と話をする必要はありません。自分のペースで、自分のやり方で自分にあったコミュニケーションの取り方を探して行くことが大切です。コミュニケーションの教育とはいっても、人から教えられるものではなく、自分で自分を教育するのです。青年期の間は大人に比べるとかなり小さな社会ではありますが、周りの大人であったり、家族や学校の先生であったり、尊敬する人のコミュニケーションの取り方などを見て、自分で学んでいきます。その「自分を見つける」過程も将来役にたって行くのです。

↑PAGE TOP