• トップ /
  • 青年期の若者に必要な教育
バックナンバー

教育の良い情報

今までの教育に疑問を感じる若者

青年期を迎えた若者の教育は難しいと言われています。難しい理由の一つに挙げられるのが、いわゆる反抗期の存在です。ほぼ例外なく全ての青年期の若者は反抗期を中高生の頃に迎え、その時期に差し掛かると教師や保護者が教育に手を焼く事になります。反抗期とは文字通り反抗的な態度を、目上の人間に対して取る時期です。また国や社会といった大きな対象にも反骨精神が向きやすく、青年期を迎えた反社会的行動を取ってしまったり、危険な恋愛や非行に走る事もあります。ただ、反抗期自体は大人から独立する過程で必ず必要なものです。自我の芽生えと精神的な教師、保護者からの独立に欠かせない時期であり、教育は子供の頃のように施しづらくなりますが、青年期のそれは子供たちの成長に欠かせない時期ですので、大人が一方的に反抗期を押さえつける必要はありません。青年期の若者は大人の社会や今まで受けてきた教育に疑問を懐きます。それ自体は独立心と思考力の成熟を意味するものなので、歓迎すべき事柄です。しかしながら、極端な非行や恋愛にはセーブをかける必要があり、思春期特有のフラストレーションを解消させるために、教師や保護者が既存の教育とは別に、ストレスを昇華させる活動をアドバイスしてあげるのが理想的です。

↑PAGE TOP